秋の和装結婚式を予約するタイミング

秋は結婚式のベストシーズンであるように、秋に和装で結婚式を挙げたいと思うカップルも多くいます。そのため、秋は他の季節と比較しても予約が早い時期から埋まりやすいということがあります。10月や11月に結婚式を挙げたいと考えているカップルは、なるべく早く式場をおさえることをおすすめします。

人気の式場だと、1年前や半年前でも予約が埋まってしまっていることも少なくありません。特に、和装で紅葉の楽しめる式場で結婚式をしたいと考えている場合は、激戦になることを想定しておいてください。

式場の予約もですが、招待したいと考えているゲストには日程が決まり次第、なるべく早めに伝えておくことをおすすめします。秋は、他にも結婚式を挙げるカップルも多いため、友人や同僚、知り合いの結婚式と日程が重なってしまったり、ゲストが他の結婚式と重なって招待されたりといったことが起こる可能性もあります。

また、人気のある季節の結婚式は費用が高くなることもあげられます。真夏の暑い時期や天候が不安定な梅雨の時期、真冬の寒い時期など結婚式を行うカップルが比較的少ない時期には特別な割引などがある式場も多いようです。しかし、人気のある秋の結婚式には割引を行っている式場も少なくなります。

土日祝日や大安吉日などの日取りにこだわらない場合は、平日や仏滅の日も検討してみてください。平日や仏滅の日は多くの式場で割引が適用になるプランが用意されていることもあります。親族のみなどの少人数で行う結婚式は、平日を利用して行うことも少なくありません。

秋はベストシーズンと言われるように、気候も時期も結婚式に適した季節ではありますが、決定する際には、招待したいゲストの予定や、準備の段取り、予算などをよく考慮することが大切です。

↑PAGE TOP